羽生結弦が全日本選手権欠場 回復間に合わず3年連続「非常に悔しく思います」

デイリースポーツ によると。

 日本スケート連盟は13日、11月のフィギュアスケートのGPシリーズ・ロシア杯で右足首のじん帯を損傷したソチ、平昌両五輪金メダリストの羽生結弦(24)=ANA=が、全日本選手権(21日開幕・大阪)を欠場すると発表した。羽生は16、17年大会に続き、3年連続での無念の欠場となった。

 羽生は連盟を通じて「ロシア大会から心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向けできることを尽くしていましたが、出場することができず非常に悔しく思います。今後、どうなるかわかりませんが、1日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めてまいります」と、コメントした。

 羽生はロシア杯フリーの公式練習中、4回転ループを跳んだ際に右足首を負傷。その後、フリーに強行出場し、優勝を飾ったが、その後、日本に帰国し、精密検査を受けたところ、右足関節外側じん帯損傷、三角じん帯損傷、右腓骨(ひこつ)筋腱(けん)部損傷と診断。3週間の安静固定、その後リハビリ加療に約1カ月を要する見込みと診断され、出場権を得ていたGPファイナルの欠場を決めた。現在は練習拠点のトロントに戻っている。ブライアン・オーサーコーチはファイナル期間中に、今週中にも羽生と会い、今後について話し合う意向を示していた。

 全日本は来年3月の世界選手権(埼玉)代表最終選考会を兼ねており、代表入りのためには出場は必須とされている一方で、「過去世界選手権3位以内に入賞した実績のある選手については怪我などやむを得ない理由で全日本に出場できなかった場合、選考基準に照らし、世界選手権での状態を見通しつつ選考する」という条項も明記されている。

 羽生は16年はインフルエンザ、17年は右足首の怪我で欠場したが、16年はGPファイナル優勝、17年は世界ランクや、シーズンベストで選考基準を満たしており、同条項が適用され世界大会の代表に選出されている。今季も現段階で世界最高得点の297・12点をマーク。GPシリーズも2連勝だった。

羽生結弦が快挙 米ESPN「最も支配的な選手20人」アジア男子唯一選出 五輪V2を絶賛

THE ANSWER によると。

 米大手スポーツ専門局「ESPN」が11日、2018年のスポーツ界で「最も支配的だった20人のアスリート」を選出。フィギュアスケートで五輪連覇を達成した羽生結弦(ANA)が米プロバスケットボールのキング、米大リーグのMVPらを抑え、アジア勢男子で唯一となる11位にノミネートされている。

「ESPN」は「支配的な20人」と題し、2018年スポーツ界の格付け企画を行った。F1とNFLを除き、最新の終了したシーズンで最も強い数値を出したアスリートを集め、1998年以来の各年のトップアスリートたちと比較し、独自にレーティングを設定。現在、右足首故障で戦線離脱中の「Yuzuru Hanyu」は11位にランクイン。平昌五輪の主役は日本人で唯一の選出を果たした。

「平昌五輪に向けての問題は男子フィギュア界の覇者、ハニュウが王座を守るかどうかはさておき、足首の怪我からの戦線復帰が間に合うか、というものだった。23歳は可能な限りの断固たる流儀で回答した。66年ぶりの連続金メダルを獲得したのだ」

 寸評では、絶対王者の流儀を高く評価。昨年11月のNHK杯の公式練習で右足首を痛めていた羽生は一時参戦も危ぶまれたが、華麗に復活した。「彼のプログラムが終わると、彼ならでは、ファンからのくまのプーさんの人形の雨が降り注がれた。ハニュウはしゃがみ込み、持ち堪えた右足に感謝した」と黄色く染まったリンクで足首を労ったシーンをハイライトとして取り上げている。

 さらに、現役続行した絶対王者健在も評価。「彼はそこから止まることをしなかった。足首の故障を再発させたが(2位以下に)2桁の得点差をつけて、11月のグランプリ2大会で優勝した」として「支配力」という項目では「1.174」という数値で評価した。
トップ20の面々は? 1位はリオ五輪金メダリストの“絶対女王”
 羽生は各界のスーパースターより上と評価されている。続く12位はF1王者のルイス・ハミルトン(英国)、13位は「キング」の異名を摂るNBAのスーパースターレブロン・ジェームス(レイカーズ)、14位はMLBで今季MVPに輝いたムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)、20位は大谷翔平投手と同僚の天才マイク・トラウト外野手(エンゼルス)が選ばれていた。

「ESPN」の母国、米国の超一流アスリートが多数を占める中、アジア勢で唯一の選手は快挙といえる。ランキングは以下の通り。

1位 シモーネ・バイルス(米国・体操女子=リオ五輪金)
2位 エリウド・キプチョゲ(ケニア・マラソン男子=リオ五輪金)
3位 ダニエル・コーミエ(米国・総合格闘技=UFC2階級王者)
4位 アリヤ・ジュタヌガーン(タイ・ゴルフ女子=賞金女王)
5位 ケイティ・レデッキー(米国・競泳女子=リオ五輪金)
6位 クロエ・キム(米国・スノーボード女子=平昌五輪金)
7位 ブレアナ・スチュワート(米国・バスケ女子=WNBAのMVP)
8位 ルカ・モドリッチ(クロアチア・サッカー男子=年間最優秀選手)
9位 シモナ・ハレプ(ルーマニア・テニス女子=WTA年間1位)
10位 ノバク・ジョコビッチ(セルビア・テニス男子=ATP年間1位)
11位 羽生結弦(日本・フィギュア男子=五輪2連覇)
12位 ルイス・ハミルトン(英国・F1=年間王者)
13位 レブロン・ジェームズ(米国/NBA=バスケ界のキング)
14位 ムーキー・ベッツ(米国/MLB=ア・リーグMVP)
15位 ドリュー・ブリーズ(米国/NHL=不屈のベテランQB)
16位 ジャスティファイ(米国/競馬=米クラシック三冠)
17位 アレクサンドル・オベチキン(ロシア/NHL=スーパースター)
18位 パトリック・マホームズ(米国/NFL=23歳スターQB)
19位 ジェームス・ハーデン(米国/NBA=年間MVP&得点王)
20位 マイク・トラウト(米国/MLB=MVP2度)

大島由香里アナ「小塚崇彦」と離婚へ「あなた土下座で謝って」

SmartFLASH によると。

 12月3日、「スポーツニッポン」は、フィギュアスケート元日本代表の小塚崇彦氏(29)と、元フジテレビの妻・大島由香里アナ(34)の別居を報じた。

〈原因は多忙によるすれ違いで、すでに離婚に向けた話し合いをしている〉

「別居しているのは事実です。どうしても許せないことがあって、今秋、大島さんは1歳半の娘と東京に引っ越しています」(大島アナの知人)

 2人の出会いは、2010年のバンクーバー五輪。大島アナがリードする形で、交際がスタートした。遠距離恋愛を乗り越え、2016年2月に結婚。2017年4月には長女が誕生し、結婚生活は順調に見えた。

 だが、スポーツ関係者は「小塚さんは2018年1月ごろから東京に部屋を借りていた」と明かす。

 2018年1月といえば、大島アナがフジテレビを退社し、名古屋に引っ越した直後のこと。遠距離の結婚生活から、ようやく家族水入らずの暮らしを送れるはずが、「別居生活」は解消されていなかったのだ。

「(小塚氏が)名古屋にいるのは月に1週間ほど」と、大島アナは6月、本誌の取材に語っていた。退社後の大島アナは、小塚氏の事務所に所属。小塚氏と大島アナ、夫婦2人のマネージャーは、大島アナの姉が務めていたが……。

「親族なのに、小塚さんとお義姉さんの連携が取れていない印象だった。昨冬には、約束していた仕事に小塚さんが来ないトラブルが起きたこともある」(前出・スポーツ関係者)

 12月1日、大島アナは自身のブログで、大手芸能事務所に所属することを発表した。大島アナの姉は、その直前に、夫婦2人のマネージャーから退くと、関係各所に報告していたという。

 渦中の男性が出てきたのは、名古屋市内の実家からだった。本誌直撃に、小塚氏は「わ、びっくりした」と驚いた。

――なぜ別居を? 離婚協議を始められたそうですが……。

「まあ、そのへんは僕がいろいろ言うと……。ブログに書いたことがすべてです」

――大島さんの姉との、マネジメント契約はなくなる?

「会社との契約は、2018年いっぱいで切れるということです。もうこれぐらいで。申し訳ないですけど……」

 丁寧ながら、歯切れは悪かった。別居報道を受け、小塚氏はブログに「現在私ども夫婦で話し合いを重ねておりまして、ご報告できる段階にございません」と綴っている。

「『彼が土下座して謝ってきたら、やり直せるかも』と、大島さんは考えています。でも、小塚さんはのらりくらりで、まともに取り合わない。関係修復は難しいでしょう。年明けには離婚が成立して、お互い別々に歩んでいくことになる」(前出・大島アナの知人)

 大島アナの反対を押し切り、小塚氏は現役引退を決意した。年上妻の「最後通牒」を聞き入れることは、なさそうだ。

紀平梨花、全日本へ「完璧な演技をして笑顔で一年を締めたい」

スポーツ報知 によると。

 フィギュアスケートのGPファイナル女子で初出場Vを飾った紀平梨花(16)=関大KFSC=が9日、エキシビションに出演。紫を基調とした衣装を身にまとい、しっとりと舞った。

 日本勢では浅田真央以来のGPデビューシーズンでの優勝から一夜明け、ちょっぴりお疲れモード。「終わってから30分はうれしさがあったけど、今は疲れもあってよく分からない感じになってきちゃった。1位という結果は本当にうれしい」とあどけない笑顔を見せた。

 北京五輪での金メダルが最大のモチベーションになっている。目標達成までの現在の立ち位置は「10%くらい。まだまだなので」と話した。「あと3年以上ある。ケガがあっても駄目だし、まだまだいろんな危険も迫っている。簡単にノーミスでできているわけではなく、なんとかできている感じ。あと3年ある中で、どうやって仕上げていくか。もっとプレッシャーのかかる中で、できるかどうかはまだまだ課題だし、そういうところは経験していないので」と気を引き締めた。

 昨年3位の全日本選手権は21日に大阪で開幕する。「今年を締めくくる大事な試合だと思うし、応援してくださっている方達の前で、しっかり自分の完璧な演技をして笑顔で終えたい」と話した。