「ハリー・ポッター」のエマ・ワトソンが、ディズニー「シンデレラ」の主演として出演交渉

スポニチアネックスによると。

 映画「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で知られる英女優のエマ・ワトソンが、ディズニーが企画を進めている実写版「シンデレラ」の主演として出演交渉に入っている。

 ワトソンと「ハリー・ポッター」シリーズで共演した経験もあるケネス・ブラナーが監督を務める予定で、ケイト・ブランシェットが意地悪な継母トレメイン夫人を演じることが決まっている。

 主役のシンデレラ役にはシアーシャ・ローナンやアリシア・ヴィカンダー、ガブリエラ・ワイルド、イモージェン・プーツらの若手女優陣も候補に挙がっていたが 、いまだに決まっていない状況が続いていた。

 一方、エマが「ハリー・ポッター」シリーズで共演したダニエル・ラドクリフは最近、20世紀フォックス製作の新作「フランケンシュタイン」でフランケンシュタイン博士の助手イゴール役を演じる予定だと伝えられており、ルパート・グリントは米CBS局のテレビシ リーズ 「スーパー・クライド」に出演すると報じられている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です