ガガとサラは、パリ・コレクションのランウェイを歩くことを夢見るミニー・マウスを描いた同短編映画で、アニメのキャラクターとして登場

BARKS によると。

レディー・ガガやサラ・ジェシカ・パーカーが、ウォルト・ディズニーのショートフィルム『エレクトリック・ホリデー』でアニメのキャラクターになったようだ。ガガとサラは、パリ・コレクションのランウェイを歩くことを夢見るミニー・マウスを描いた同短編映画で、アニメのキャラクターとして登場するという。同作には2人の他にも、アルベール・エルバスやカリーヌ・ロワトフェルドなどファッション業界を代表する面々が登場する。
14日(水)よりニューヨークの高級百貨店バーニーズにて上映されている同作では、それぞれミニーはランバン、デイジーダックはドルチェ&ガッバーナ、『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ヴィルはリック・オウエンス、ミッキー・マウスはバレンシアガ、グーフィーはバルマン、ティアナ姫はプロエンザ・スクーラー、白雪姫はニナ・リッチを身に纏ってランウェイを闊歩するという。そしてフロントロウには、ガガとサラの他、ナオミ・キャンベルやファッション誌の編集者達が顔を揃えている。

バーニーズのマーク・リーCEOは今回のコンセプトについて「ディズニーとの夢のコラボレーションは今回真っ先に思い付きました」「ディズニーと言えばマジックの象徴ですし、バーニーズ・ニューヨークではクリスマス・シーズンに向けてマジックやサプライズを提供する必要がありますから」と語っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です