ディズニーの研究部門「Disney Research」が、テレパシーごっこが楽しめそうな不思議なスピーカー装置を開発

ねとらぼ によると。

 ディズニーの研究部門「Disney Research」が、テレパシーごっこが楽しめそうな不思議なスピーカー装置を開発しました。その名も「Ishin-Den-Shin」――そう、このネーミングは日本語の「以心伝心」に由来します。メッセージを録音したIshin-Den-Shinを片手に持ち、もう片方の手の指で、誰かの耳にタッチすると……周りには何も聞こえないのに、タッチした人にだけ音が伝わります。これは不思議!

 マイクのような形をしたこの装置は、持つ人間に“録音データを変換した電気信号”を流します。そして装置を持つ人間が誰かの耳に触れると、電気によって耳に振動が起こり、音が伝わるんだそうです。

 日本人のアーティスト・鈴木有理さんも開発に協力しているそうで、日本語由来の粋なネーミングにも納得。将来、ディズニーランドのアトラクションで同装置が使われる日が来る、かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です