4月 112014
 

Bloomberg によると。

  4月10日(ブルームバーグ):4歳の娘を持つ米ロサンゼルス在住のマーケティングコンサルタント、アーリン・コステロさんはある完璧なドレスを探している。長さは30インチ(約76.2センチメートル)で明るい青色、身頃の部分はきらきらと輝いていて取り外し可能な白いケープ付きでなければならない。

これは、米ウォルト・ディズニー製作の大ヒット映画「アナと雪の女王」で主人公のエルサが着ているドレスで、幼稚園児向けファッションアイテムの中で最も人気が高い。米国各地の衣料品店で売り切れとなっており、電子商取引サイト運営最大手、米eベイのサイトに出品されたオリジナル商品には最高1600ドル(約16万3000円)の値が付いている。どうしても入手したい親たちは、手作りするか手芸サイトのEtsyで販売されているレプリカを225ドルで購入している。

「世界中の母親たちがこのドレスを喉から手が出るほど欲しがっている。娘のためにドレスを手に入れることができた幸運な母親たちは得意顔で、娘がいつまでもドレスを着ていたがると口をそろえる」とコステロさんは話す。

世界最大のライセンス会社でもあるディズニーにとって、玩具や人形、衣料品は戦略の主要な柱の一つ。エルサのドレスなどこの映画関連の商品は大成功を収めている。

米玩具メーカー、ジャックス・パシフィックのディズニー関連女児向け衣料品のマーケティング担当ディレクター、デナ・オローリン氏によると、小売業者は十分な数のドレスを注文していなかった。同社はウォルマート・ストアーズやターゲットなどの小売りスーパーチェーンに商品を提供している。これらの店舗ではジャックスが販売した希望小売価格20ドルのドレスが1月に完売。中国の工場から空輸と船便で商品を補充している。「需要に追い付くのは大変だ」とオローリン氏は語る。

 Posted by at 11:09 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>