4月 222014
 

サーチナ によると。

 上海ディズニーが2005年末に開業する。第1期分として開業するのは面積3.9平方キロメートルで、「神奇王国」をテーマとする遊園地や、ディズニー絡みのコンセプトをテーマにするホテル2カ所などが含まれるという。上海ディズニーリゾートは市が開発を進める国際リゾート区の中心部に位置する。中国新聞社が報じた。

 米ウォルト・ディズニー・カンパニーが展開する同社作品などによるテーマパークであるディズニーパークのうち、開業が最も早かったのが米国カリフォルニア州アナハイムのディズニーランド(1955年)だった。

 アジアで最も古いディズニーパークは東京ディズニーランド(開園1983年)だ。アジア第2のディズニーパークとしては香港ディズニーランドが2005年に開園した。

 “元祖”ディズニーランドであるカリフォルニアのディズニーランドは面積73ヘクタール(併設のディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーを含まず)。東京ディズニーランドは面積51ヘクタールで、併設のディズニーシーの49ヘクタールと合わせて、100ヘクタールだ。

 香港ディズニーランドは126ヘクタール。2005年の開業直後には「東京に比べて狭い」と不満を示す人も多かったが、その後、テーマランドを次々に開園していった。

 上海ディズニーリゾートの第1期開園分は、390ヘクタールで、うち91ヘクタールが「神奇王国」をテーマとするディズニーパークとされる。リゾート内には同じくディズニー絡みのコンセプトをテーマにするホテル2カ所やレストラン区、駐車場などが設けられる。

 上海ディズニーリゾートは市が開発を進める国際リゾート区は、2011-15年の近期開発区、16-20年の中期開発区、21-31年の遠期開発区に分かれる。中期開発区は生態体験区や伝統的な街並みを再現するリゾート区を目指す。遠期開発区は、低炭素生活区や国際観光や文化芸術に関する大学などの誘致も行い、将来における開発を見越して、あえて手を付けない保留地も設けるという。

 Posted by at 3:48 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>