8月 252014
 

シネマトゥデイ によると。

 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最新作『ベイマックス』の舞台で、サンフランシスコと東京を融合して作られた架空都市“サンフランソウキョウ”のビジュアルが世界初公開された。

 本作は両親を早くに亡くし、唯一にして最愛の存在であった兄タダシも謎の事故で亡くしてしまった少年ヒロと、人々の心と体を守るために作られたケアロボット“ベイマックス”が悪との戦いを繰り広げるアドベンチャー。公開されたビジュアルでは、新橋や日本橋などを想起させるデザインのサンフランソウキョウで、プニプニで大きな体のベイマックスがたたずんでいる姿が確認できる。

 ドン・ホール監督は、「いいかげんな“日本”テイストをサンフランソウキョウへ持ち込みたくない」と同作の製作のためクリエイターたちと共に訪日。30人以上のスタッフで徹底的なリサーチを行い、サンフランシスコの地形をベースにしつつも、建物の外観や看板、アメリカの街には存在しない電信柱の電線、路地の雰囲気など、細かなアクセントを大事にして同街を作り上げたという。さらに現在も、看板の言葉や物の置き方、日本の街並みを基にした色使いなど、細かな修整を繰り返しているとのこと。

 プロデューサーのロイ・コンリが、「僕らはみんな日本に恋しているんだ」と表現するように、製作チームの日本愛に支えられている今作。製作チームの一人で日本人トップクリエイターのマット鈴木は「このスタジオ(ディズニー)には日本のアニメーションやカルチャーに影響を受けているクリエイターがとても多いです。もしかしたら僕より詳しいかも」と明かしている。

 さらにホール監督と共同監督を務めているクリス・ウィリアムズは「僕らは若いころに日本文化の影響を受けた最初の世代だと思うんだ。誰かが『AKIRA』のビデオカセットを持っていて夢中になったよ」とも語り、ホール監督と二人で「僕らに影響を与え続ける日本文化に、この作品でお返しできればうれしい」と口をそろえた

 Posted by at 10:44 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>