10月 012013
 

映画.com ニュースによると。

「スター・ウォーズ」ファンがJ・J・エイブラムスにむけ、嘆願アニメを制作したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 ファンの間で新「スター・ウォーズ」に対する期待と不安が高まるなか、クリエイティブ・エージェンシーに務めるプレスコット・ハーベイ氏は、「スター・ウォーズ」を再び偉大なものにするためには、「舞台を開拓地に」「未来は古臭い」「フォースをミステリアスに」「『スター・ウォーズ』は子ども向けじゃない」という4つのルールを守る必要があるとアニメーションを用いて訴えている。

 制作に5カ月をかけたという2分間のアニメのエンディングは、「J・J・エイブラムス様 お願いだから、台無しにしないで。愛をこめて。みんなより」というメッセージで締めくくられている。このアニメが公開されているサイト(http://www.dearjjabrams.com)では署名を集めており、100万人分が集まれば、米バーバンクにあるディズニー本社に嘆願書を提出するという。

 Posted by at 2:22 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>