上海ディズニーランドの入場料、観光局長「国内客の支払い能力を十分に考慮して決める」

XINHUA.JP によると。

中国メディア東方網は11日、2015年開業予定の上海ディズニーランドについて上海市観光局局長が「入場料は国内客の支払い能力を十分考慮したうえで決める」とコメントしたことを報じた。

上海市観光局の楊勁松局長は11日、上海ラジオ局の番組に出演したさい、上海ディズニーランドについて「建設側、運営管理側とコミュニケーションをとったうえで、運営方法や入場料金などの検討を行っている」と語った。

具体的な入場料金システムはまだ決まっていないとのことで、楊局長は「そのときの経済、消費の状況に照らして決める」とした。その際、「客が受け入れられる程度、特に国内の客の支払い能力を考慮しなければならない」と語った。

また、高齢者や児童、学生、障害者に対する割引についても検討する必要があるとの見解を示した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です