7月 222014
 

@DIME によると

「アナと雪の女王」を鑑賞した335名の女性に、"あなたはアナとエルサのどちらのタイプ"であるかを聞いたところ、"アナ派"と回答した人は42.4%、"エルサ派"と回答した人は57.6%となった。
 今年の3月14日に日本で公開されてから4か月が経過した現在でも、大ヒットを続けているディズニー映画「アナと雪の女王」。街角やお店などで”Let it go~♪”のメロディーをよく耳にする人も多いのではないだろうか。カルチュア・コンビニエンス・クラブは、Tカードを利用している女性1601名のT会員を対象に、インターネット上での意識調査「T アンケート」によって、『映画「アナと雪の女王」に関するアンケート調査』を実施した。調査の結果、吹き替え版で見た人は7割で、視聴の感想「歌が良かった」も7割という結果となった。また、エルサ派の女性は「夜型で恋愛よりも仕事を優先、そして冬が好き」であることがわかった。

 最初に、「アナと雪の女王」の鑑賞有無を聞いたところ、「映画館で見た」と答えた人は20.9%(335名)との結果となった。また映画館では鑑賞をしていないけれども、“今後、見ようと思っている”人は6割超におよび、映画館で鑑賞した人とあわせると、「アナと雪の女王」を見た、もしくは今後見る予定をしている人は、合計で8割を超えることが分かった。なお、”今後、見ようと思っている”人の内訳は、「映画館で見る予定」が5.7%、「DVD・ブルーレイをレンタルして観る予定」が15.4%、「TVで放映されたら観る予定」が39.9%となった。続いて、「映画館で見た」と回答をした335名の人に、“見に行こうと思った理由”を複数回答で聞いたところ、1位は「歌が良さそうだったから」(53.1%)、2位は「テレビや雑誌などで話題になっていたから」(39.1%)、3位は「ストーリーが良さそうだったから」(31.9%)が選ばれ、”音楽”がきっかけで映画館へ映画を見に行くことを決めた人が5割を超える結果であることが分かった。

■ヒットの要因は歌にあり?「アナ雪」を吹き替えで見た人は約8割、通常、映画を見る時に吹き替え版を選ぶ人は4割。見終わった感想は1位「歌が良かった」、2位「映像が綺麗だった」、3位「楽曲が良かった」

 続いて、「アナと雪の女王」を映画館で鑑賞をした335名の人に、映画館での視聴バージョンを複数回答で聞いたところ、一番多かった回答は「2D・吹き替え版」(71.6%)、続いて「2D・字幕版」(18.5%)、「3D・字幕版」(6.9%)、「3D・吹き替え版」(6.6%)、またゴールデンウィーク期間中に新たな映画の視聴方法として話題にのぼった、映画館で歌いながら映画を見る「みんなで歌おう歌詞付き版」は2.1%となった。なお、通常、映画を見るときは「字幕版」と「吹き替え版」のどちらを選ぶかを聞いたところ、「字幕版」は36.1%、「吹き替え版」は63.9%となり、「アナと雪の女王」は他の映画と比較して、「吹き替え版」を選択される方が多いことが分かる結果となった。あわせて、「アナと雪の女王」を見終わった感想を複数回答で聞いたところ、1位は圧倒多数で「歌が良かったから」(72.5%)が選ばれ、音楽がきっかけで映画館へ足を運び、見終わった感想でも歌が良かったことをあげているところから、映画のヒットの一因に音楽にあるのではないかと推察される結果となった。続いて2位は「映像が綺麗だった」(53.1%)、3位は「楽曲が良かった」(50.1%)、4位が「キャラクターが良かった」(43.3%)、5位が「感動した」(34.3%)となった。

■あなたはどっち派?アナ派は4割、エルサ派は6割。アナ派は「朝型で仕事よりも恋愛重視、そして夏が好き」、エルサ派は「夜型で恋愛よりも仕事重視、そして冬が好き」

「アナと雪の女王」は、その映画のタイトルにもある通り、アナとエルサの姉妹によるダブルヒロインであることも話題となったが、「アナと雪の女王」を鑑賞した335名の人に「あなたはアナとエルサのどちらのタイプ」であるかを聞いたところ、アナ派と回答した人は42.4%、エルサ派と回答した人は57.6%となった。また、それぞれアナ派とエルサ派の人に、朝型か夜型か聞いたところ、エルサ派に比べるとアナ派は朝型が多く、同じく、仕事よりも恋愛が重要か恋愛よりも仕事が重要を比較すると、アナ派はエルサ派に比べて仕事よりも恋愛が重要と回答する人が多い結果となった。そのほか、夏と冬のどちらがタイプであるかを聞いたところ、エルサが雪の女王になっていくストーリーとも関係してか、エルサ派はアナ派と比べて、冬を選択した人が多い結果となった。

 Posted by at 4:40 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>