8月 222014
 

東洋経済オンライン によると。

 「四季報を書くのはちょっと待ってください。もうじき大きな発表がありますから」――。会社四季報のオリエンタルランド担当記者が、取材の帰り間際にこんな耳打ちをされたという。

 それから10日あまりたった8月21日、オリエンタルランドが東京ディズニーランドの新スペシャルイベントを発表した。ディズニー映画『アナと雪の女王』をテーマにしたイベント。その名は「アナとエルサのフローズンファンタジー」。2015年1月13日から3月20日までの約2カ月にわたって開催される。

 同社によると、このイベントは、映画のその後の世界がテーマ。絆を取り戻したアナとエルサが、エルサの魔法によって作られた雪と氷の美しい世界で、来場者といっしょに冬を楽しむというコンセプトだ。

■ 『アナ雪』の世界観を味わえる工夫

 実施期間中は、ナイトエンターテイメント「ワンス・アポン・ア・タイム」の公演内容の一部を、『アナ雪』をイメージした新たなシーンに変更した特別バージョンで公演。また、日中も、映画の主題歌「Let It Go」が流れる中、アナとエルサがパレードルートを歩く。さらに映画の世界をイメージした雪と氷の結晶などをモチーフとしたデコレーションが施されるなど、この期間中の東京ディズニーランドは、『アナ雪』の世界観に包まれる。

 もちろん、期間中は『アナ雪』に由来した特別メニューの食事やグッズ販売も行うなど、ソロバン勘定にぬかりはない。オリエンタルランドの2015年3月期下半期業績へのプラス効果は大きそうだ。

 『アナ雪』ブームはキャラクター展開にも派生した。オリエンタルランドがスペシャルイベントを発表した21日、日用品大手・エステーは、『アナ雪』のキャラクターを使った消臭芳香剤『消臭力』を10月下旬に発売すると発表した。また、それに先立ち、日本製紙クレシアは看板商品のティッシュ「スコッティ」に同キャラクターを使った夏季限定商品を7月から投入している。

■ アナ雪グッズが日本でも商品棚を独占? 

 一方、日本のキャラクターグッズ業界は、『アナ雪』グッズの本格展開を前に戦々恐々としている。

 先行して『アナ雪』グッズの展開が始まった米国の衣料店や雑貨店では、関連グッズがじわじわと商品棚を侵食。海外で高い人気を持つ国内キャラクターを展開する会社では、「当社のスペースが奪われはじめている」と警戒心を隠さない。
今後、日本でも『アナ雪』キャラクターの衣料品や文具などが発売されれば、多くの日本のキャラクターグッズは売り場を失いかねない。『アナ雪』ブームは思わぬ日米激戦につながりそうだ。

 Posted by at 4:02 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>