安藤美姫、終盤のステップで尻もちをつく転倒

日刊スポーツ によると。

 国際スケート連盟(ISU)公認で五輪や世界選手権などのメダリストが争うフィギュアスケートの「メダル・ウィナーズ・オープン」が16日に東京・国立代々木競技場であり、女子で07、11年世界選手権優勝の安藤美姫さん(27)は54・10点で3位だった。

 6人が表現力を重視した独自の競技方式で戦うなかでの一夜限りの「実戦復帰」に、「ライトアップもあるなかでしたけど、ショーというより試合の気持ちが大きかった」と3回転ルッツにも挑戦。終盤のステップで尻もちをつく転倒があり、「1番の見せ場で…」と悔しがる姿も現役さながらだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です