2月 082015
 

オリコン によると。

 オリエンタルランドは6日、東京ディズニーランド(TDL)内に新しいキャラクターグリーティング施設と新飲食施設を、2016年度に導入すると発表した。TDL内にキャラクターグリーティング施設が誕生するのは、1996年にオープンした「ミッキーの家とミート・ミッキー」以来、20年振りとなる。

 16年秋~冬の開業を目指してウエスタンランドに建設する今回の新施設は、ディズニーのコミックや短編アニメ映画となった『ジュニア・ウッドチャック』シリーズの世界がテーマ。ドナルドダックや彼の甥であるヒューイ、デューイ、ルーイたちが自然を楽しむキャンプ場をイメージしており、ディズニーのクラシックストーリーの世界に浸ることができる。同施設に出演するキャラクターは未定。

 新レストランは、同エリアの「ラッキーナゲット・カフェ」を2階建てのレストランにリニューアル。屋外にもキャンプファイアーをイメージしたエリアを備え、アメリカ河の景色を眺めながら食事を楽しめる店舗にする。また、これに伴い、既存の同カフェは2015年秋をもってクローズする。

 今回の新規導入に伴う総投資額は2施設合わせて約30億円。また、これら施設のオープンに伴い、TDLのキャラクターグリーティング施設数は計2施設、飲食施設数は計53施設となる。

 Posted by at 8:53 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>