3月 112015
 

映画.com によると。

世界的大ヒットを記録したウォルト・ディズニーの長編アニメーション「アナと雪の女王」のその後を描いた小説2巻(エリカ・デイビッド著/ないとうふみこ訳)が、角川つばさ文庫から3月15日に発売されることがわかった。東京ディズニーランドではスペシャルイベント「アナとエルサのフローズンファンタジー」が開催中で、プロジェクションマッピングは7月まで開催が延期されるなど、いまだ衰えない「アナ雪」人気が続くなか、初の長編小説がお目見えする。

 小説は、映画で描かれた物語の後、アレンデール国で過ごす女王エルサの新しい日常が描かれる「愛されるエルサ女王」と、消されてしまった幼い頃の記憶を取り戻そうとするアナが描かれた「失われたアナの記憶」の2巻。雪だるまのオラフ、アナの恋人クリストフ、トナカイのスヴェンら、映画でおなじみの人気キャラクターが引き続き活躍するほか、映画で登場した場所やアイテムなども再登場。描き下ろしの挿絵もふんだんに盛り込まれ、「アナ雪」の世界をさらに掘り下げた内容になっている。特に第2巻の「失われたアナの記憶」は、映画の中でアナとエルサの運命に深く関わったキャラクターも再登場し、映画を見た人なら誰もが気になる展開が描かれるという。小説は以降、4巻まで発売予定。定価は各巻620円(税別)。

 なお、映画では新作短編「アナと雪の女王 エルサのサプライズ」が4月25日から公開の実写映画「シンデレラ」と同時上映。こちらは、アナの誕生日を祝おうと、サプライズでパーティを計画するエルサやクリストフたちの様子が描かれる。

 Posted by at 11:29 AM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>