真央 平昌五輪は「ちょっと早いかな」…ラジオ生出演で改めて心境

デイリースポーツ によると。

 現役続行を表明した女子フィギュアスケートの浅田真央(24)が18日、自身がレギュラー出演する「浅田真央のにっぽんスマイル」(TBSラジオ)に生出演し、18年の韓国・平昌五輪についてあらためて考えを語った。同番組は原則収録で、今回が初の生放送。

 番組のエンディングで、リスナーの「五輪で滑っている姿を見たいです」というメッセージに、「私はバンクーバー五輪とソチ五輪を経験して、ソチ五輪の後は『やりきったぁ』と思ったんですけど…」、「平昌五輪は意識していなくて」などと、会見と同じく、五輪出場は現段階では考えていないとした。

 現在は「自分の技術を取り戻すこと、体力、精神面を鍛えていくいことを目指しているので、まだまだ先になります。目の前の目標一つ一つをクリアにしていきたいなと思っています」と慎重に語った。「平昌五輪は日本から近いので、注目されていると思いますけど、まだちょっと(考えるのが)早いかなと思います」と、まずは自身が納得できる“心技体”を取り戻す考えだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です