11月 152015
 

フジテレビ系(FNN) によると。

フランス・パリで、13日に発生した同時多発テロで、フランス検察当局は、15日午前会見し、テロの容疑者は3つのチームで短時間に連携しながら犯行に至っていたことが新たにわかった。
検察当局の会見によると、7人のテログループは3つのチームに分かれ、最初に競技場のゲートで自爆テロを起こしてから、およそ30分以内に8カ所を襲っていたことがわかった。
また、死亡したテロ容疑者のうち、1人は29歳のフランス人の男、1人はシリア人とみられる25歳の男であることもわかったという。
レストランで銃撃を見た人は「犯人は銃を腰ぐらいの高さに構えて、楽に普通な様子で撃っていて驚いた」と話した。
パリ市内では、各所で厳重な警備が敷かれる中、それぞれのテロ現場に献花に訪れる人が絶えない。
また、フランスのオランド大統領が、フランス全土に非常事態宣言したことを受けて、ルーブル美術館やエッフェル塔、ディズニーランドなど、人の集まる主要な施設が臨時休業するなど、市民生活にも影響が広がっている。
これまでにテロによる死者は129人、けが人は352人で、このうち99人が重症だという。.

 Posted by at 11:18 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>