3月 222016
 

毎日新聞 によると。

ベルギーの首都ブリュッセルで22日朝(日本時間同日夕)、空港と地下鉄駅で連続して爆発が起きた。地元メディアによると、2度の爆発が起きた空港では14人、地下鉄駅で20人が死亡したほか、2カ所で130人以上が負傷した。ベルギーのミシェル首相は「我々の国が卑劣なテロに見舞われた」と述べ、両方ともテロ攻撃との見方を示した。ベルギー内務省は深刻なテロの脅威があるとして、対テロ警戒水準を4段階の最高レベルに引き上げた。

 フランスのオランド大統領は「欧州に対する攻撃だ」と強く非難した。パリでは昨年11月、130人が死亡する同時多発テロが発生。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出している。

 今回の事件での犯行声明は出ていない。ただ、ベルギーではパリ同時テロの実行犯だったサラ・アブデスラム容疑者(26)が18日に逮捕されたばかり。15日にはサラ容疑者を捜索中に射殺された別の容疑者の潜伏先からISの旗が見つかったほか、サラ容疑者の指紋も検出された。ベルギー当局は、サラ容疑者らが別のテロを準備していた可能性があるとしていた。

 日本時間22日夜の時点で日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 地元メディアなどによると、ブリュッセル北郊の国際空港では22日午前8時(日本時間午後4時)ごろ、1階の出発ロビー付近で連続爆発が起きた。最初の爆発は米アメリカン航空のカウンター付近で発生。2回目の爆発は人々が逃げ出そうとした出口付近で起きた。検察当局はこのうち1回は自爆テロ、もう片方は爆発物によるとの見方を示した。報道によると、爆発の前に銃撃音とアラビア語の叫び声が聞こえたという。

 空港での爆発から約1時間後にはブリュッセル中心部の地下鉄マールベーク駅でも爆発が起きた。駅からは白い煙が上がったほか、血を流して逃げ出す人の映像を地元テレビが流した。マールベーク駅は欧州連合(EU)本部の最寄り駅シューマン駅の西隣にある。

 テロを受けてブリュッセル国際空港は閉鎖され、航空機の発着は停止された。空港へ向かう公共交通機関も運行を取りやめている。市内の地下鉄駅もすべて閉鎖され、バスや路面電車も運行を取りやめた。AFP通信によると、ベルギー当局は国内の原子力発電所の警備態勢を強化した。

 影響は欧州全域に広がっている。ロイター通信によると、ロンドンとパリ、ブリュッセルを結ぶ高速鉄道「ユーロスター」も運行を取りやめた。ドイツのデメジエール内相は「法治国家としてテロとの戦いは断固として続ける」と述べた。

 Posted by at 11:16 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>