4月 032016
 

朝日新聞デジタル によると。

 2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子銀メダリストで世界選手権を3度制した浅田真央(25)=中京大=が2日(日本時間3日)、来季も現役を続行する意向を示した。米ボストンで開催中の世界選手権女子フリーに出場した後、報道陣から「まだ演技を見てもらいたいか」と問われ、「できるので、そういう思いはあります」と答えた。

 浅田はショートプログラム(SP)で9位と出遅れたが、この日のフリーでトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを着氷させ、今季自己ベストとなる134・43点をマーク。合計200・30点で7位となった。演技後は「ほっとしました」と語った。

 浅田は6位に終わった14年のソチ五輪後「(現役続行は)ハーフハーフ」と話し、1年間の休養に入った。昨年5月「試合が恋しくなった」と現役続行を宣言。11月の中国杯で優勝したが、12月のグランプリファイナルは最下位の6位に沈み、全日本選手権も3位。今年2月の四大陸選手権は、左ひざを痛めて欠場した。

 Posted by at 2:09 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>