4月 032016
 

MEGABRASIL によると。

近年、日本と同様にブラジルでも街中での防犯カメラ設置台数が増え、顔認証技術の進化など防犯・事故への対策が日々報じられている。

防犯に役立つとはいいつつも、防犯カメラの映像に含まれるプライバシー情報の扱いについては世界各地で議論が続いている。そんな中、ブラジル南部のサンタカタリーナ州タンガラー市で、思わぬ場所から思わぬ映像が生中継されて、話題を呼んでいるという。

グローボ系ニュースサイト「G1」が4月2日づけで報じたところによると、31日午前11時半ごろ、若い男女が裸で、シーツをかぶってお楽しみ中のシーンが生中継されていたとのことだ。

生中継してしまったのは、タンガラー市にあるアグードの丘にある、フリーフライトのモニター用カメラだ。この丘はフリーフライト(パラグライダーやパラセーリングなど)の愛好家に人気の場所だという。

3月31日、タンガラー市の軍警察に複数のメールや電話で市民から情報が寄せられ、事件が判明した。

カメラの映像はフリーフライト関係者、模型愛好家たちに向けてインターネットで常時リアルタイムで中継配信されている。

二人は警察署に連行され、事情聴取された。問題のカップルは21歳の青年と15歳の少女。二人はしばらく前からつき合っていたが、山頂にカメラが設置されていることは知らなかったという。

未成年が絡んでいるということで、この件は市の後見評議会に託された。当初、軍警察では、性行為の時点で少女は14歳以上だったことと、同意の上だったことから、強姦罪には当たらないと見ていた。

匿名を条件に「G1」に証言したフリーフライト関係者はこう語る。

「このカメラはフリーフライトの同好会がしばらく前に設置したものですが、この若者たちは本当にカメラがあることを知らず、わざとやったのではなかったのだと思います」

 Posted by at 9:49 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>