真央「選手である以上、結果を求めていくもの。勝つためには技術面、特にジャンプはレベルをもっともっと上げていかないといけない」

日刊ゲンダイ によると。

 3度目はあるのか。女子フィギュアの浅田真央(25)が6日、過去ワーストの7位に終わった世界選手権が行われた米ボストンから成田へ帰国した。

 真央は会見で18年平昌五輪のプレシーズンとなる来季について、「目の前の目標を一つ一つクリアすることがやるべきこと。気づいたら五輪が近づいてきたと思えるようにしたい」と言った。しかし、10年バンクーバー、14年ソチに続く3度目の五輪出場は厳しいとの声は少なくない。

「真央は今、本当に滑ることが楽しいのかな? と思う。それが当たっているとすれば、平昌五輪出場はモチベーションにならない。男子のジャンプは完全に4回転時代に入り、女子も平昌五輪では、トリプルアクセルを跳ぶ選手が出てくるでしょう。真央は9月で26歳です。ジャンプより、10代では見せることができなかった大人の女性の表現力の方に注目してほしいはずです。でも、ファンやマスコミは今もトリプルアクセルの成否ばかりを気にしている。それがわかっているから、真央はギャップに苦しんでいるのではないか」(スケート関係者)

 真央は「選手である以上、結果を求めていくもの。勝つためには技術面、特にジャンプはレベルをもっともっと上げていかないといけない」とも語っていた。ジャンプにこだわる言動は痛々しい……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です