4月 072016
 

週刊SPA! によると。

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第70回目をよろしくお願いします。

「いちいち服を考えるのが面倒くさい」「てっとり早くおしゃれに見えないか」……そんなふうに思っているあなたこそ、「休日スーツ」を実践してみましょう。

▼「休日スーツ」が色っぽく見える理由

 普段、平日はスーツでも、休日にスーツを着る人は稀です。しかし、街でたまに「明らかにビジネスじゃないカッコいいスーツ姿」の人を見かけませんか? モデルや芸能人たちが「休日スーツ」を着ていることもあります。普通に「デニムにブルゾン」みたいな服装よりもはるかに大人っぽく感じます。

 礼服が元となっているスーツスタイルはもっとも畏まった服装であり、「大人っぽさの象徴」です。ツヤのある素材感や上下細身のスラリとしたスタイルなどが大人っぽさを表します。対極に位置するのが「ワークウェア」「ミリタリーウェア」「スポーツウェア」などのカジュアル着。これらはルーズなシルエット、デザイン過剰な装飾などが多く日常着として使うとどこか子供っぽさがにじみます。

 もちろん「大人っぽくカッコいいからスーツがおすすめ」といっても、そのまま平日に着てしまうと「休日出勤」になってしまいます。ポイントは意図的に「カジュアルスタイル」を織り交ぜること。適度にラフな雰囲気が加わりビジネス用途のスーツに見られなくなり、また気が抜けたことによる色気が出てきます。

 女性は男性が「スーツを脱ぐとき」「ネクタイを緩めるとき」などに色気を感じると言います。これは「カッチリした均整を保つなか、どこかに抜けたポイントが出る」ことによる魅力です。「休日スーツ」はまさにこれを狙ったもの。均整のとれたスーツを日常着用としてわずかに着崩すのがポイントなのです。

▼ユニクロで「休日スーツ」をつくる

 この春、実は「休日スーツスタイル」がトレンドです。普段着ているスーツではなく、ユナイテッドアローズなど大手セレクトショップで数多くラインナップされている普段着用のセットアップなどがおすすめです。これらのハードルが高いという人には、もちろんユニクロでも十分に構築できるので紹介します。

●コットンツイルジャケット 8990 円(+税)

●コットンツイルイージーパンツ 2990円(+税)

 着こなしのポイントはインナーと靴。スーツにシャツにネクタイに革靴を合わせてしまうとどうしたって「仕事帰り」に見えてしまう。そこで、インナーと靴はなるべくラフなものにしましょう。

 例えば、写真ではインナーにTシャツ、靴はスリッポンをはいています。どちらも別に凝ったものではありません。ユニクロのTシャツにコンバースオールスターでも十分。写真のコーディネートも靴以外はすべてユニクロ。でも、なんだかそれっぽく見えるでしょう? 「自分が似合うか似合わないかわからない」って? 逆に聞きますが「スーツが似合わない人」なんているんですかね?

 着こなしのポイントを2つ紹介しておきます。まず、「ジャストサイズを選ぶこと」、「足首が見えるようにパンツの丈を調整すること」――これだけは守りましょう。

 色気を感じさせるスーツスタイルですが、ルーズなシルエットにするとせっかくの色気が台無しです。ギリギリまで細く着るようにジャストサイズを心がけましょう。そうするとよりシャープで大人っぽさが際立つはず。

 また、「足首が見えるようにする」のは、よりスッキリ細く見せるためです。正直、ユニクロをはじめ多くのブランドは「万人に適する」ようにつくってあるため、裾幅などが中途半端にルーズなものが多いのです。ですから、ロールアップしたり丈を短めに直したりして「足首」を露出させます。「足首」は脚のなかでもっとも細いくびれのある箇所です。さらに足首や足元は視線が止まりやすい先端箇所。もっとも細くまたもっとも目立つ部分を見せることでパンツ全体がスッキリとした印象になるのです。

 私も休日スーツを最近実践していますが、本当にラクです。なにしろ上下がすでに決まっているのでコーディネートに悩む必要がありません。Tシャツを着ようかな、タートルネックを着ようかな、今日はTシャツをボーダーにしてみようかなとインナーに悩むくらい。「ファッションにさして興味がない」という人こそ、「休日スーツ」がおすすめなのです。

 4月5日発売の週刊SPA!(4月12・19日号)新連載「最速でおしゃれに見せる方法」ではユニクロのセットアップについてのコーディネートや解説も掲載しています。ビジネス用にも使えてカジュアル用にも使える格安セットアップ情報も併せてご一読ください

 Posted by at 11:24 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>