桃田、2年前に口頭注意受けていた…海外遠征で覚え荒くなった金遣い

スポニチアネックス によると。

 バドミントン男子シングルスのエース・桃田賢斗(21)と12年ロンドン五輪代表の田児(たご)賢一(26=ともにNTT東日本)が東京・錦糸町の違法カジノ店でバカラ賭博をしていたことが7日、分かった。桃田はリオデジャネイロ五輪代表を確実にしていたが、日本バドミントン協会は日本オリンピック委員会(JOC)に代表として推薦しない方針を明かし、夢舞台への道は閉ざされた。

 桃田と田児は7日、東京都新宿区のNTT東日本本社で聞き取り調査を受け、違法カジノ店で賭博をしたことを認めた。2人は海外遠征の際、合法カジノ店に足しげく通っており、協会関係者は金遣いが荒くなった桃田を約2年前に口頭で注意した。また、遠征をともにした代表選手からは2人の行動に疑問の声も上がっていたという。

 バドミントンの国際連盟主催のスーパーシリーズ(SS)には各大会に賞金が設けられ、桃田が昨年稼いだ賞金は約2750万円と報じられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です