4月 092016
 

サンケイスポーツ によると。

 闇カジノ店で賭博行為をしたバドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児(たご)賢一(26)=ともにNTT東日本=が8日、東京都内で会見し、謝罪した。処分は10日の日本協会の緊急理事会で決まるが、所属するNTT東日本でも解雇を含めた厳しい処分を検討していることが明らかになった。

 田児は2014年10月以降、墨田区内、横浜市内の闇カジノ店に60回も通い詰めた。総額1000万円も負けたという。部員からの借金が一時は総額で1150万円もあり、今でも500万円が残っているという。解雇されても仕方がない状況だが、「巻き込んでしまったのは全部僕。自分はどんな処分でも受ける。桃田にもう一度チャンスを与えてください」と涙ながらに、後輩の処分軽減を訴えた。

 Posted by at 8:46 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>