4月 102016
 

デイリースポーツ によると。

 競泳男子100メートル、200メートル平泳ぎの元世界記録保持者で、2004年アテネ、08年北京五輪で2大会連続2冠に輝いた北島康介(33)=日本コカ・コーラ=が10日、東京辰巳国際水泳場で引退会見を開いた。冒頭、「私事のためにお集まりいただきありがとうございます。今大会の競技におきまして、現役生活を、何て言っていったらいいの?現役生活を退き、引退することを皆さまにご報告させていただきます」とあいさつした。

 水泳人生を振り返り、「簡単な言葉では言い表せない。ただ一つ言えるのは幸せな選手生活を送らせていただけたということです」と力強く語った。「小さい時から面倒を見てくれた平井先生がいたからこそオリンピックで金メダルを取ることができましたし、応援してくれる仲間がいたからこそここまでやってこれたのかなと思います」と平井伯昌コーチをはじめ、周囲に感謝した。

 「真剣勝負は終わり」と引退を表現していたが、「そこが寂しいです」とぽつり。「レースは1分、2分で終わってしまいますが、それまでの過程がすごく濃いので、その時間がなくなってしまうのは、心に穴が空いた感じになってしまうのかなと思います。ここまで長く真剣勝負をさせてもらったのが、幸せな選手生活だったと思いますし、本当に悔いはないです」とやり切ったことを強調した。

 4度出場したオリンピックへの思いも口にした。「オリンピックがあったから水泳を続けてこれたと思いますし、一番最初に夢を持ったのはオリンピック。スタートはどのスイマーとも一緒だと思う」としみじみと語り、「忘れられないオリンピックに4回も出させてもらって、いい思いをさせてもらって、出過ぎだろと思われるかもしれないけど、僕が僕らしく一番興奮できる場所。それがオリンピックなんだと思います」と表現した。

 5大会連続出場となるリオ五輪を目指していたが、4日からの日本選手権で出場権を獲得できず、引退を表明していた。五輪を逃しての引退表明となったことには「リオに行けないのは残念ですし、実現できなかったのは僕自身に責任がありますし、応援してくれた方、信じてくれた方の期待を裏切ってしまう形になったのは、非常に申し訳ない気持ちでいっぱい」と悔しさものぞかせた。ただ、「今、僕が実際に世界で戦えるかと言ったら、全然戦えるレベルにないです。その辺の現実を今、あらためてこの試合を通じて思い知らされた。そういう意味でも自分が引いて、この後、世界で戦う若手を本当に応援したい気持ちです」とすっきりとした表情だった。

 日本代表を決める日本選手権では全力を尽くした。5日の100メートル平泳ぎ決勝は59秒93で2位だったが、日本水連が定めた派遣標準記録(59秒63)を切れず、代表入りできなかった。8日の200メートル平泳ぎ決勝では2分9秒96の5位に終わり、こちらも代表入りを逃した。

 Posted by at 4:56 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>