4月 112016
 

聯合ニュース によると。

韓国・平昌で2018年に開催される冬季五輪・パラリンピック組織委員会は11日、ソウル市内で記者会見を開き、入場券の価格を発表した。最大イベントとなる開会式は最も高いカテゴリーAが150万ウォン(約14万円)、最も安いカテゴリーDが22万ウォンとなった。10年のバンクーバー五輪、14年のソチ五輪と同水準。
 フィギュアスケートやスピードスケートなどは15万ウォンから、ボブスレーやスケルトンなどは2万ウォンから購入できる。平均価格は約14万ウォンとなる。
 入場券は計117万枚を発行する予定で、韓国内で70%、海外で30%を販売する。組織委員会は入場券の約90%の105万枚を販売し、約1740億ウォンの収入を得る方針だ。今年10月から前売りチケットを発売する。
 平昌五輪は18年2月9日から25日まで、12の会場で102種目が行われる。約100カ国・地域から約6300人の選手団が参加し、計約200万人が会場を訪れると予想される。

 Posted by at 9:20 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>