熊本地震、阿蘇山噴火「活発化みられない」

産経新聞 によると。

 熊本県の阿蘇山が16日午前に小規模噴火したことについて、気象庁は16日、「(地震の影響で)特段活発化した状況はみられない」との見解を示した。

 気象庁によると、同日午前8時半ごろ、阿蘇山の中岳第1火口で噴煙が高さ約100メートル上がっているのが確認された。阿蘇山は現在、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)となっているが、気象庁は「噴火規模は基準の範囲内」としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です