熊本地震、重文「阿蘇神社」楼門が全壊 熊本城の被害も拡大

産経新聞 によると。

 熊本県内では文化財の被害も広がっている。阿蘇市の阿蘇神社によると、16日未明の地震の影響で、国指定重要文化財「楼門」が全壊した。拝殿も全壊した。国の重要文化財の「一の神殿」「二の神殿」「三の神殿」にも柱や壁などに被害が出ているという。

 14日の地震でしゃちほこが失われるなど被害を受けた熊本城(熊本市)も被害が拡大。熊本城総合事務所によると、余震のため詳しい状況は確認できていないが、天守閣の瓦が大量に落ち、国の重要文化財の「北十八間櫓(やぐら)」「東十八間櫓」が倒壊したという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です