「明るいうちに避難を」雨に備え呼び掛け…熊本知事

時事通信 によると。

 熊本県の蒲島郁夫知事は16日午後に記者会見し、同日夜から県内で降雨が予想されるとして、「危険箇所に住む人は自宅にとどまらず、明るいうちに避難所などに移動してください」と呼び掛けた。

 知事は「雨水を活用してトイレの水を確保するなど、早めの準備をお願いしたい」とも述べた。

 県は気象庁と連携し、雨が強まった場合には通常より早めに土砂災害警戒情報を出す方針。震度5強以上の地震があった市町村を対象に、通常より基準を2~3割緩めて運用する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です