4月 192016
 

時事通信 によると。
 
 福岡県は18日から相談窓口を開設、19日から県営住宅への一時入居の受け付けを始めた。188戸を確保しているが、担当者は「問い合わせが殺到している」と話す。宮崎県は県内の公営住宅595戸、鹿児島県も226戸を提供するなど、被災者の住まい確保への支援を重視している。

 九州以外でも兵庫県が19日、県営住宅100戸への一時入居申し込みを20日から先着順で受け付けると発表。広島、岡山両県なども県営住宅の提供を決めている。

 家賃は原則無料とし、光熱費や共益費のみ負担してもらう自治体が多い。入居期間は半年から1年が多いが、兵庫県は最長2年まで延長を可能とする。自宅が全壊や半壊していることを条件とし、市町村が発行する「り災証明書」の提示を後日求める自治体もある。

 Posted by at 9:13 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>