宇野昌磨、4回転フリップ成功…フィギュア3大陸対抗

時事通信 によると。

フィギュアスケートで新設の3大陸対抗団体戦、コーセー・チームチャレンジ・カップは22日、米ワシントン州スポケーンで行われ、アジア・チームで出場した宇野昌磨(中京大)が国際スケート連盟の公認大会で初となる4回転フリップを決め、自己記録の105.74点をマークした。宮原知子(関大)も73.28点で自己記録を更新。本郷理華(邦和スポーツランド)は60.43点だった。

 第1日は北米、欧州、アジア各チームの男女各3選手がショートプログラムで争い、日本の3選手が滑ったアジアが優勝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です