織田信成、羽生結弦の映画デビューに嫉妬「続編にはぜひ出演したい」

サンケイスポーツ によると。

 プロフィギュアスケーターでタレント、織田信成(29)が4日、東京都内で行われた映画「殿、利息でござる!」(14日公開)のトークイベントに出席した。

 同作にはソチ五輪フィギュアスケート男子金メダルの羽生結弦選手(21)が仙台藩主役で映画デビュー。織田信長の末裔(まつえい)でもある織田は「どうしてぼくにオファーが来なかったんでしょうか。『氷上のお殿様』というブログもやっているので、先を越されてめちゃくちゃ悔しい」とご機嫌ナナメで、「続編にはぜひ出演して銀幕デビューを飾りたい」と猛烈アピールした。

 羽生選手に会った際、映画出演についてたずねると羽生選手は平謝りだったというが、羽生選手の演技については「りんとした姿勢や歩き方が彼のフィギュアに通じる美しさだった。監督が羽生選手になぜオファーを出したのか分かりました」と絶賛。同作についても「人間ドラマが詰まっている。羽生選手も出演しているのでぜひ映画館に足を運んでください」と最後は笑顔でPRしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です