5月 152016
 

スポニチアネックス によると。

 不倫騒動で休業していたタレントのベッキー(32)がTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演してから一夜明けた14日、インターネット上などでは一定の評価をする意見が目立った。復帰第一歩はうまくいった様子だが、関係者の話では、ベッキー側が目指す7月の完全復帰は絶望的な状況だ。

 「復帰は拙速」と言われ、番組には厳しい目が注がれていた。一夜明け、通常は辛口のコメントがあふれるネット上には、意外なほど高評価な意見が目立った。

 14日、TBSのスタジオで「金スマ」の収録があったが、ベッキーは参加しなかった。レギュラー復帰は13日の放送の反響をみて検討される。ほか9本のレギュラー番組も同様でベッキー側は7月の番組改編期での完全復帰に期待を寄せている。

 ただ、金スマに出演し復帰への第一歩を踏み出す手順の中で、ベッキー側が“おろそかにしたこと”があった。関係者によると「根回し」だ。金スマ以外の番組の関係者は11日、ベッキーがすでに先月30日に金スマの極秘収録を済ませていたことを報道で知った。ベッキー側から報告がなく残念がっている。

 このため、7月の完全復帰は絶望的な状況。レギュラー番組の関係者は「金スマは凄く良かった」と評価したが、「うちの番組で復帰できるかは別問題」と話した。

 ベッキー側は金スマでの復帰を急ぎ、川谷元夫人に直接謝罪することばかりに気を取られていたとみられ、他番組への心配りを欠いた。ベッキー本人の金スマでの謝罪は評価されても、完全復帰にはもうしばらく時間がかかりそうだ。

 Posted by at 8:43 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>