本郷理華がSP4位、宮原5位、永井11位 フィギュア・スケートカナダ

デイリースポーツ によると。

 女子のSPが行われ、本郷理華(20)=邦和スポーツランド)が65・75点で4位につけた。宮原知子(18)=関大=は65・24点で5位スタートだった。永井優香(17)=駒場学園高=は40・39点で最下位の11位となりフリーでの巻き返しを狙う。

 本郷は冒頭の3回転フリップ、3回転トウループ-3回転トウループ、2回転アクセルとジャンプを手堅くまとめた。

 宮原は3回転-3回転の2つめのジャンプで回転不足、さらに3回転フリップで回転不足とエッジエラーを判定された減点が響いた。永井はジャンプのミスで得点が得られない場面もあり苦しんだ。

 1位は世界選手権女王のエフゲニア・メドベージェワ(16)=ロシア=で、加点がある後半に配置したジャンプ3本すべてを成功させ、これまでのSP自己ベスト74・58点(15年GPファイナル)を更新する76・24点をマークした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です