10月 312016
 

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダで男子2位に終わった羽生結弦(21=ANA)は一夜明けた30日、ミシソーガで取材に応じ、「この悔しさ原動力にして練習していけばいい」と語った。

 ショートプログラム(SP)4位と出遅れた羽生はフリーで4本の4回転ジャンプに挑戦して2本成功。フリー1位の得点で巻き返したが、トップのパトリック・チャン(カナダ)には及ばず2位で今季GP初戦を終えた。SPとフリーいずれも失敗した4回転ループの成功率などに課題を残した。ただ同じ2位に終わった昨季のGPシリーズ初戦のスケートカナダと比べて「あの時より確実に後半の安定感がついた。1個1個のジャンプを丁寧にできた。順調な滑り出しかなと思っています」とより大きな手応えをつかんだ。

 エキシビジョンでは「ノッテ・ステラ(星降る夜)byイル・ボロ」のしっとりしたメロディーに乗って華麗に舞った。同曲は今春の世界選手権(ボストン)の時に、かつて浅田真央や02年ソルトレークシティー五輪金メダルのヤグディンを指導した名コーチ、タチアナ・タラソワさんから贈られたもの。演技を終えた羽生は「(ソルトレークシティー五輪の)プルシェンコとヤグディンの戦いに憧れてスケートをやりたいと思った。その選手を教えたコーチに曲をもらえてうれしかった」と話した。次戦はNHK杯(11月25~27日、札幌)となる。

 Posted by at 9:38 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>