11月 132016
 

朝日新聞デジタル によると。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦フランス杯は12日(日本時間13日)パリで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)8位だった浅田真央(中京大)は3回転ジャンプ四つが2回転になるなど大崩れし、100・10点で10位。合計161・39点で総合9位に終わった。演技後はこらえきれずに涙をこぼし、「全て失われたので、これからもう一度作り上げないと」と声を震わせた。

 SP5位の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)はジャンプのミス一つに抑え、スピードある演技を披露。129・46点で3位。合計194・48点とし、シニアGPデビューで総合3位に入った。15歳の樋口は「今までで1番良かった。ホッとしています」とにこやかだった。

 永井優香(東京・駒場学園高)は合計159・49点で総合10位。「たくさん考えて自分の答えを見つけたい」と話した。昨季世界女王のエフゲニア・メドベジェワ(ロシア)がSPに続いてフリーでも1位になり合計221・54点で優勝。今季GP2勝目を挙げてGPファイナル進出を決めた。

 Posted by at 12:04 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>