真凜、高熱負けず公式練習「大丈夫」 ジュニアGPファイナル

スポニチアネックス によると。

 フィギュアスケートのジュニアGPファイナル(8日開幕、フランス・マルセイユ)に出場する本田真凜(15=関大中)、坂本花織(16=神戸ク)、紀平梨花(14=関大KFSC)の3選手が7日、本番会場で公式練習に参加した。

 昨年3位の本田は熱発に負けずに本番リンクの感触を確認した。前日は移動の機内で体調が悪くなって39・3度まで高熱が出て、この日の朝も37・8度。「飛行機ではしんどかったけれど、大丈夫です。薬飲んで、熱さまシートしてすぐ寝ました」。8日のショートプログラム(SP)に向けて体調には不安を残すものの、練習では2連続3回転ジャンプを決めるなど調子はまずまず。10月の近畿選手権でも直前に高熱を出している。昨季の世界ジュニア女王は「近畿の時もそんな感じでノーミスの演技ができた。何とかなると思う。笑顔で終われる演技がしたい」と自信を示した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です