羽生結弦が史上初4連覇 宮原は2位

東スポWeb によると。

フィギュアスケート「グランプリ(GP)ファイナル」フリーが当地で行われ、男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(22=ANA)は3位の187・37点だったが、合計293・90点で圧勝し、男女通じて初の4連覇を達成した。

 SP4位の宇野昌磨(18=中京大)は自己最高の195・69点をマークし、合計282・51点で3位。SP5位だったネーサン・チェン(17=米国)が巻き返して、合計282・85点に2位に入った。

 女子は宮原知子(18=関大)が143・69点と3位だったSPに続いて自己最高をマークし、合計218・33点で2年連続の2位に入った。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(17=ロシア)が世界歴代2位となる合計227・66点で連覇を達成。3位は合計216・47点のアンナ・ポゴリラヤ(18=ロシア)だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です