12月 242016
 

スポーツ報知 によると。

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、浅田真央(26)に中京大=は今季初めて挑んだ3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)が1回転半になり、60・32点でシニア転向後大会ワーストの8位と出遅れた。

 スケートアメリカ6位、フランス杯9位と低迷した今季序盤を考えると、トリプルアクセルをプログラムに組み込むことが出来るまでになったことは前進。「シーズン前半は自分の体だったり、技術だったり、気持ちだったりがうまくかみ合わなかった。アクセルがない状態でショートを終えた時の気持ちよりは、挑戦しようと思って臨めたことはすごくよかった」と穏やかに振り返った。

 午前の公式練習では5本目の挑戦で成功させた。「今日の朝、ようやくアクセルを片足で跳べるようになって、その状態まで戻ってきたことに関しては自分自身すごくうれしく思って挑んだ」。この日の大技投入に迷いはなかった。

 女子フリーは25日に行われる。「この1年間練習してきたこと、積み重ねてきたものだったりを出したい。サポートしてもらっている方や、ファンの方に恩返しができる演技をしたい」。真央は17番滑走で、18時35分頃登場予定。

 Posted by at 11:59 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>