12月 242016
 

デイリースポーツ によると。

 男子フリーが行われ、SP2位の宇野昌磨(中京大)がフリー192・36点、合計で280・41点とし、逆転で初優勝を果たした。SP1位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は後半のジャンプで立て続けに着氷が乱れ、フリー151・77点、合計242・11点で3位に。2位には田中刑事(倉敷芸術科学大)がフリー163・70点、合計249・38点で入った。

 4連覇中だった羽生結弦(ANA)がインフルエンザのために欠場。“絶対王者”のいない全日本の舞台を、表彰台に上がった選手はどう感じたのか。

 羽生不在で優勝候補の筆頭となった宇野は「周囲からは言われたが、自分ではSP、フリーとも重圧は感じてなかった」と、プレッシャーが増したかとの問いは否定。「でもジャンプでミスがあったので、どれだけ言われても仕方ない」と、笑った。

 一方で「不思議な感覚があった」と話したのは、田中と無良。羽生と同学年で仲の良い田中は「結弦がいない全日本は不思議な感じ。世界で活躍していく彼と肩を並べて戦えるように、成長したい」と、改めてその存在の大きさを感じたもよう。無良も「いつもいるべき存在がいないのは、すごく不思議な感覚だった」と、苦笑い。羽生の他にも山本草太、村上大介ら強化選手がけがなどのため欠場しており「それが不思議さに拍車をかけた」と、少し残念そうだった。

 Posted by at 11:39 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>