キムタクはとんでもない大ウソつき…ラジオでグループへの深い愛情を口に

デイリースポーツ によると。

 31日で解散するSMAPの木村拓哉(44)が30日、TOKYO FMのレギュラー番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」のラストで、「ありがとう、SMAP!」とグループへの深い愛情を口にした。中居正広(44)ら4人との対立も報じられたが、木村は感謝の言葉で最後を締めた。存続を願うファンが37万超の署名を集めた活動に触れると「すべてのことに対して、最後に一言だけ失礼します」と前置きし、結成からの28年に思いを込めた。

 番組では26日に最終回を迎えたフジテレビ系「SMAP×SMAP」への強い気持ちも告白。5人での最終歌唱となった、「世界に一つだけの花」のステージ周りに敷き詰められた花について「1本、1本、色も種類も違うけど、人に見えましたね。びっくりしたんですけど、こういう人たちがいてくれたからやって来られた」と話した。

 また、ソロとなる2017年についても言及。「今回の新年はもう一つ意味があるなって、自分の中で現時点で抱いているけど、具体的なものは一切、見えてない。(来年も変わらない)この番組のタイトルもそうだけど、大切にしたいものは変えずに、ぶれずに。勇気というか、何か一つ確たるものをもって進んで行きたいです」と新たな立場での前進を誓っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です