1月 282017
 

Fashionsnap.com によると。

 「イケア(IKEA)」を日本で展開するイケア・ジャパンが、家具の下取り・還元サービスを1月19日にスタートする。対象店舗は、開始準備中の「イケア 立川」と対象外となる「イケア タッチポイント 熊本」以外の全国の店舗。

日本上陸10周年のイケア、Eコマースを2017年夏までに導入へ

 同社は、昨年2月から「イケア 新三郷」をパイロットストアとして家具の下取り・還元サービスを開始。約1年を経て、全国展開することを決めた。利用方法は、イケアのウェブサイト上の査定申請フォームで対象家具の画像とともに申請した後、イケアから査定額やその有効期限、持ち込み方法などをメールで通知。組み立てたままの状態で家具を持ち込み、引き取りと同時にイケアで利用可能なプリペイドカード「リターンカード」で金額を還元する。他社製品やガラスが含まれる製品、屋外で使用された家具、ベビー用家具、ベッド・マットレス、3辺の長さが合計4メートルを超える収納家具などは対象外となるが、それ以外の屋内で使用されたイケア製の家具は受け付ける。下取りした家具はメンテナンスした上で、イケアのアウトレットで販売。なお、「イケア 新三郷」では下取りした家具のうち92%が再販されており、同社が目指すサステナビリティへの取り組みを実現している。

 Posted by at 11:44 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>