浅田真央引退会見 NHK総合で“異例”生中継 約30分の枠を編成

スポニチアネックスによると。

 現役引退を表明したフィギュアスケートの元世界女王・浅田真央(26=中京大)が12日に東京都内で開く会見を、NHKが総合テレビで生中継する。

 ニュース「浅田真央・引退会見」(前11・25~11・54)として、約30分の枠を編成。通常は首都圏向けの情報番組「ひるまえほっと」(前11・05~11・54)の時間だが、12日は「ひるまえほっと」を短縮(前11・05~11・25)。引退会見の生中継は全国放送となる。

 NHKがスポーツ選手の引退会見を生中継するのは“異例”と言え、注目度の高さがうかがえる。

 NHKは、2003年1月20日には横綱・貴乃花の引退会見を生中継。12年12月28日のヤンキース・松井秀喜、15年12月17日のINAC神戸・澤穂希の引退会見は前もって番組枠にはならなかった。

 民放各局も同時間帯のニュース番組や情報番組で生中継を挟むとみられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です