6月 192018
 

Football ZONE web によると。

4年前のリベンジを果たす白星も「まだ何も成し遂げていない」
 日本代表MF香川真司は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)の初戦、コロンビア戦(2-1)で相手MF退場を誘発し、PKも決めて勝利に大きく貢献した。「チームを信じてやり続けたことが結果につながった」と試合を振り返った。

 日本は立ち上がりの前半3分、相手最終ラインの背後に出たボールにFW大迫勇也が反応。シュートはGKに弾かれたが、こぼれ球に詰めた香川の一撃をコロンビア代表MFカルロス・サンチェスが右手で止め、一発退場が宣告された。

 このプレーで得たPKを香川が冷静に沈めて日本は先制。前半39分には直接FKから失点したものの、後半28分にはFW本田圭佑のCKから大迫がヘディングで決勝点を奪い、コロンビアから歴史的な一勝を手にした。

「すごくホッとしています」

 勝利に貢献した香川は試合後、安堵の表情を浮かべた。「初戦の重要性はみんなが分かっていた。みんなが走り切って勝てて良かった」とフラッシュインタビューで勝利を振り返った。

 プレッシャーの掛かるPKについては「しっかりと冷静に蹴ることができたので、大きかったと思います。上手くGKのタイミングを外すことだけを意識して、練習でやっていたものを出せて良かった」と語った。

「自分たちの力、チームを信じてやり続けたことが結果につながった。次に切り替えて2試合目に集中したい。とりあえず1試合を終えただけで、まだ何も成し遂げていない。明日から良いリカバリーをして、備えていきたい」

 貴重な働きを見せた背番号10は、次なる戦いに向けて集中力を高めていた。

 Posted by at 11:42 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>