7月 072018
 

THE ANSWER によると。

 フィギュアスケートの2018-19の新シーズン開幕はまもなく。米スケート専門メディア「icenetwork」は過去の名場面30選のカウントダウン企画を実施しているが、いよいよトップ5に入った。5位と4位にはそれぞれバンクーバー五輪金メダルのキム・ヨナさん(韓国)に関連するものがランクインしている。

 5位は2014年のソチ五輪がクローズアップされている。

「2014年の冬季五輪に参戦した韓国のキム・ヨナと15歳のロシアのユリア・リプニツカヤは、共に金の最有力候補とみなされていた。キムは五輪と世界選手権を制しほぼ3年負け無し、リプニツカヤはヨーロッパ選手権での説得力のある勝利だけでなく、ソチのチーム戦のフリースケートで魅力的な演技を披露していた」

 記事ではこう伝えている。しかし、実際に勝利を手にしたのはロシアの17歳アデリーナ・ソトニコワだった。

「フリーでキムはクリーンに滑り、ソトニコワはわずかにミスを犯したものの得点の可能性を最大限に高め、後者が金を獲得した。この結果はメディアやスケートコミュニティの中で熱く議論され、審査の完全性が疑問視された。名誉のため言うとキムは準優勝について一切不平を言わず、アイスネットワークに対して『私は本当にうれしかったし、いい結果だった…それについてはまったく動揺していません』と語った」

 こう振り返っている。
「影響力はフィギュアの枠をはるかに超えていた」
「女王ヨナの君臨」と題された4位は、ヨナさんの輝かしいキャリアの全体を振り返っている。

「あなたが突きつけられる全ての事実と数字の中で、もっとも特別なものはこれかもしれない。彼女は一度も表彰台を下りなかった。それだけで不十分ならば、以下が彼女の業績となる」

 ショートプログラムで5回、フリーで3回、総合では3回世界記録を更新したことや、五輪、世界選手権、4大陸選手権、GPファイナルなどの主要大会をすべて制した初の女性スケーターであることを紹介している。

「キムの影響力はフィギュアの枠をはるかに超えていた。彼女はある程度の名声を得て、女性スケーターは以前も以後も出たことのないフォーブスの女性アスリート長者番付に継続して登場した」

 記事ではこう伝え、ヨナさんのフィギュア界の枠にとどまらない功績をたたえている。

 Posted by at 11:13 PM

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>