ザギトワ艶やかドレス姿 愛犬マサルは「ハラショー」都内で金スマイル

デイリースポーツ によると。

 平昌五輪フィギュアスケート女子シングル金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手(16)=ロシア=が1日、大手化粧品メーカー・資生堂によるブランド「Shiseido」のグローバルアンバサダーに就任し、都内で行われた新製品発表会に出席した。日本の秋田犬保存会から5月に贈られた愛犬・マサルについて聞かれると、「ハラショー(元気です)」とにこやかに答えた。

 真っ赤なドレスで登場し、「この場にこうして立ててうれしく思います」とあいさつしたザギトワ選手。少し緊張気味の表情だったが、資生堂の魚谷雅彦社長から「マサル、ハラショー?」(マサルは元気ですか?)と愛犬について聞かれると、「ハラショー」(元気です)と即答。やっと16歳らしい笑みがこぼれた。

 今回の契約で、ザギトワ選手は同社から化粧品やメークアップのサポートを受けられるようになった。これまでは、「良い化粧品を探すのに時間や労力をかけていた」といい、「より多くの時間を氷の上での演技や、プログラムの内容にかけることができます」とスケートに割く時間が増やせることを喜んだ。

 日本滞在中は、バラエティー番組やアイスショーに出演するなど大忙し。番組で共演したサバンナ高橋からは「かわいさ、気遣い、遊び心、全てが世界最高峰だった」と絶賛された。インスタグラムでは自身の浴衣姿などのほか、マサルの成長ぶりを公開することもあり、氷上以外でもファンを魅了。フィギュアファンのみならず、幅広く注目を集める。

 新シーズンの開幕は間近。「平昌五輪で金メダルを獲得しましたけど、過去のこととして新たに取り組みたい」とより高みを目指している。魚谷社長から世界中どこででもサポートすると約束されると、はにかみながら「ありがとうございます」とかわいらしい日本語で感謝した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です