山根会長の過去を知る元暴力団組長をフジ「報道プライムサンデー」が直撃「元はヤクザや」

スポーツ報知によると。

 5日放送の「報道プライムサンデー」(日曜・前7時半)で日本ボクシング連盟の山根明会長(78)の不正疑惑を特集した。

 番組では、3日に山根会長の過去を知る山口組系暴力団の元組長を直撃取材した。現在は完全にかたぎになっているという男性は、自宅でインタビューに応じ「あれが78歳か。わしも今年で81歳。わしの心の中で弟みたいな関係」と明かした。

 さらに男性は「彼とオレとは20代のころやから、かれこれ50年になるわけや」と長い付き合いを明かし、山根会長は「どんな男か」と質問されると「元はヤクザや。17~19歳とわしの下で6、7年間、ヤクザして」と明かした。一方で番組の取材に正式な構成員ではないと語ったという。

 その上で「3年前までは1週間にいっぺんかここに来るわけよ。飯食って世間話して連盟の話を聞いたり」などと明かしたが、現在の関係を「山根と絶縁して3年になる。天狗になってもうてな。ある日、突然、わしに失礼なことがあったんや」とし「このままでいくとみっともないし、オレ個人としても辞めてスッキリしてもらわないと。そしたら脅迫されたと」と示していた。

 番組では、この男性の証言を山根会長に聞くと「弟みたいな関係」との証言を「間違いありません。だけどヤクザの弟分ではありません」と明かした。ただ、男性が「ヤクザ」だと指摘していたことを伝えると「そうですか。本人が言うならしゃぁないですけど。ボクは違います。杯も何ももらってません」と反論していた。

 会長就任後もこの男性と交際していたことは「まずいことありません。昔から何十年前からの関係ですから。お茶ぐらい飲んでいます。アルコールも飲んでいます」と示し、「問題ないという認識か」と聞かれると「いち人間としてであって。あの人の力を借りてどうのこうの一切、してませんから。金銭問題にしろいろんな儲けの話も一切タッチしてませんから。ハッキリ言って貧乏しています」と反論。その上でこの男性との今の関係について「3年前にももめてボクに脅しかけてきた。それでケンカになりました」と明かしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です