壇蜜だけじゃない!女性タレントに“隠れバイク女子”が増えている、金メダリストの荒川静香も大型バイクに乗っていま

 タレント・壇蜜(37)が19日、都内で行われたイベント「バイクの日 スマイル・オン2018」に出席した。

 8月19日の「バイクの日」に行われた同イベントで壇蜜は、BS11のテレビ番組「大人のバイク時間 MOTORISE」のスペシャルトークショーに参加。意外と知られていないが、壇蜜は2台を所有する“バイク女子”で、最近は環状7号線や川越街道をよく走っているという。しかし、「この間、目黒でエンストしてしまった。都内の信号待ちでのエンストはプレッシャーがハンパない」と運転の腕前は、まだまだのようだ。

 バイク愛の強い壇蜜はファッションにも関心が高い。「私はつなぎフェチ。よく男性はピシッとしたスーツを着ると男前度が3割増しっていうけど、個人的につなぎは5割増しになる」。さらに、「ブレーキランプで、みだりに『ア・イ・シ・テ・ル』は、しないように心がけてる。やりたくても、やる相手がいないんですけどね」と、独特の視点からトークを展開した。

 バイクは男の乗り物というイメージが強く、おっとりした雰囲気の壇蜜がライダーとは意外だが、最近は芸能界で“バイク女子”が、じわじわ増えている。

「高島礼子や財前直見、松雪泰子のバイク好きは有名ですが、意外なところではトリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さんも1300�の大型バイクに乗っていますよ」(芸能関係者)

 最近は若い女性タレントにも“隠れバイク女子”が増えているというが、前出の関係者は「バイク好きでもない女性タレントが突然バイクに乗り始めるのは、大抵が男の影響」と断言。壇蜜自身は「マネジャーが『バイクに乗れないまま死にたくない』って言ったのをきっかけに4年前に免許を取得した」と“バイク女子”になった経緯を話したが、果たして男の影響もあったのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です