イケア、プラ製ストローなど廃止…20年までに

時事通信 によると。

 家具大手のイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は29日、プラスチック製ストローを廃止すると発表した。2020年までに使い捨てプラ製品の国内販売を取りやめ、ストローは紙製での代替を検討する。プラ製ストロー廃止の動きが国内でも広がりつつある。

 廃止するプラ製品は、ストローのほか、ゴミ袋、フリーザーバッグ、ペット用トイレバッグ、製氷バッグ。同日東京都内で開いた事業戦略説明会でヘレン・フォン・ライス社長が明らかにした。欧州のイケア本社の発表を受けた措置で、在庫がなくなり次第取り扱いを中止する。

 廃棄されたプラスチック製品は海洋汚染の原因になるとして、使用を取りやめる動きが世界的に広がっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です