羽生結弦、4回転半ジャンプ 今季中に挑戦へ「僕の根源にはアクセルへの思いがある」

デイリースポーツ によると。

 今年2月の平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が30日(日本時間31日)、練習拠点のカナダ、トロントで練習を公開し、今季の新プログラムを発表した。フリーは自ら名付けたプログラム「Origin」。憧れの“皇帝”プルシェンコがかつての採点方法で芸術点でオール6・0(満点)を記録した伝説のプログラム「ニジンスキーに捧ぐ」をモチーフにアレンジを加え、「自分の起源、始まりの意味を持たせた」。SPはかつてジョニー・ウィアーが使った「秋によせて」に決めた。ともに自身の“原点”をテーマにした。

 フリーには今季中に、自身が「1番のモチベーション」と語るクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)にも挑戦することを明かした。五輪連覇を果たし、「結果の面でいえば、やれることはやったという気持ちがある」と話してきた羽生。いまだ誰も成功させていないクワッドアクセルは、最後の野望といっていい。

 練習でもまだ成功はないが、「やっぱりアクセルが1番の僕のモチベーションではあります。練習していて思うのは、やっぱりアクセル好きだなって。楽しいですね、やってて。非常にまだ跳べてないですけど、跳べるまでの過程だとか、そういったものも1つ1つ楽しみながら、すごく頭を使いながら練習してます」と、体と相談しつつ、楽しみながら試行錯誤を繰り返している。

 アクセルへの思いも、やはり自身の“原点”だ。「小学校低学年の時に、本当に1時間の練習中45分はアクセルしかやってなかった。僕の根源にはそのアクセルへの思いがある。アクセルの難しさを感じながら、下りた時の達成感とかそういったものが、スケートを好きにさせてくれた大きな要因だった」と、振り返った。

 「本当はこの日(公開日)までに跳んでおきたかったんですけど」と笑いつつ「今季中にはやりたい」と、意欲十分に語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です