女子体操選手vs塚原夫妻の対立はなぜ起きた。「選手ファースト」でない事情とは

BUSINESS INSIDER JAPAN によると。

次々パワハラなどが明らかになるスポーツ界で、今度は女子体操界でのパワハラが告発された。一部実力者によって選手強化や選考が独占されているとの告発で、スポーツ界のあり方がまた問われている。

リオデジャネイロ五輪体操女子団体で4位入賞に貢献し、10月開幕の世界選手権(カタール)代表候補でもある宮川紗江選手(18)が8月29日、自身への暴力行為で速見佑斗コーチ(34)が日本体操協会から受けた無期限登録抹消などの処分軽減を求めた会見で、塚原光男副会長(70)と塚原千恵子女子強化本部長(71)のパワハラを告発した。

画像1「宮川選手が説明した経緯と内容」
協会側と宮川選手が説明した経緯と内容は画像1の通り
勝ち続けてきた競技で明らかになるパワハラ
五輪でメダルを量産する「御四家」と呼ばれる水泳、柔道、器械体操、レスリングのうち、レスリング、体操の2団体で協会幹部によるパワハラ問題が発覚した。同様の問題は日本ボクシング連盟でも騒動になったが、いずれも「選手が勝ち続けてきた競技」。にもかかわらず、「選手ファースト」に軸足を置いていない様子がうかがえる。

体操については、速見コーチの暴力は決して放置してはいけない問題ではあるが、そもそも指導者の管理及び選手のパワハラへの意識向上は協会にも責任がある。

加えて、選手をよりよい環境に導く本来の役割を踏まえると、塚原夫妻が合宿中の宮川選手にコーチからの暴力の有無を確認したり、離れるよう説得したことは果たして正しい「指導」だろうか。

日刊スポーツが8月30日に配信した記事(塚原氏「黙ってないわよ」パワハラ否定/一問一答)によると、速見コーチからの暴力を宮川選手が「練習指導の一環だと思う」「親も容認している」と答えたのに対し、千恵子氏は「暴力があるのを家族も認めているのは異常だから、あら~宗教みたいね、とは言った。それがだめなの?」と話している。

本部長が指導上の暴力根絶の必要性を理解していることは分かったが、ここはより丁寧に対応すべきではなかったか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です